京都 どんぐり DONGURI

ENTRY

自分に厳しく人に優しく

下村 江里奈 店長
2015年:新卒入社

下村 江里奈 店長 2015年:新卒入社

京食材を使った自慢のお好み焼き屋さん

地元は三重県で、高卒で新入社員として入社し、3年目で店長を任されました。店の責任者として、お客様対応、シフト管理、売上管理などを任されています。もともと、京都の飲食店で働きたいという想いがありました。どんぐりは、京都の素材を使った京都にしかないお好み焼きで、まさに自分の理想とぴったりでうれしくて、友達にも自慢しているほど大好きなお店です。入社したばかりの頃は、地元の家族も食べに来てくれました。今、店長をしている姿を見に来てもらいたいですね。
愛情をもってスタッフと接しています

入社して月日が経つにつれ感じること、それは、店長として店全体を見るのはもちろん大切なのですが、一番は人間関係、コミュニケーションだと実感しています。これはどんな仕事にも通じることではないでしょうか。今、店長としての自分を支えてくれるスタッフやアルバイトさんがとても大切な存在となっています。自分が愛情をもって接することで相手にも伝わる、それを思いながら日々仕事をしています。私は、店長になってから仕事のやり方や見方がかわりました。上司からはもちろんですが、若い年下のスタッフからも、アイディアや考えなど学ぶことがすごく多いです。
店長になった今、これからがスタート

新入社員でミスをした時、尊敬する本社スタッフの方から「今を乗り越えないといけない」と話をしていただいたことがあります。今でも時には優しく時には厳しく、自分のことをきちんと見てくださっている大きな存在です。入社してからの私は、機会があるたびに「店長がしたい」と会社に言い続けてきました。そんな自分の想いを会社に受け止めていただき、応援してもらえたと感謝しています。店長になった今、これからが本当のスタート。店舗の運営も売上をあげるのも、自分一人では出来ないことばかり、どれだけ人をまとめられるかが大切になってきます。努力を惜しまず、お客様に心からありがとうと言っていただけるように頑張っていきたいです。

ある日のタイムスケジュール

  • 出勤
    開店準備として店舗の清掃や
    料理
    ・ドリンクの仕込みを行います。
  • 開店
    接客業務を中心に、店舗全体を見渡しながら、
    臨機応変に動きます。
  • 休憩
    ゲームをしたり、ゆっくりと過ごします。
    アルバイトさんが練習で作った料理を食べ
    味のチェックをすることも。
  • 締め作業・閉店
    その日の売上を清算し、
    他のスタッフと協力して
    店舗を閉める準備を行います。

私のオススメ! どんぐりの逸品豚トロと九条ねぎの山椒炒め

このメニューはまず、どんぐりのオリジナルのタレが絶妙なんです。ごはんとタレだけで食べたいぐらい(笑)。豚トロもジューシーで、誰が食べても絶対に「美味しい」と言ってくださる自慢のお料理です。山椒がほどよいアクセントになっていて、ほど良い風味に仕上がっています。是非ご注文を!
豚トロと九条ねぎの山椒炒め